記憶力アップに大切な「サブリミナル効果」

仕事においても学業においても大切なのは「記憶力」です。では記憶力をアップさせるにはどうしたらよいのでしょうか。

一つの方法としては、「サブリミナル効果」を活用したトレーニングを行うことです。

サブリミナル効果とは、意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のことです。サブリミナルとは「潜在意識の」という意味の言葉で、境界領域下の刺激はサブリミナル刺激と呼ばれているそうです。

では、サブリミナル効果を活用したトレーニングとは、具体的に何をどうしたらよいのか。答えは簡単です。

記憶力アップのトレーニングソフトを使えばよいのです。

このソフトは、学習の定着や記憶力アップ、学習意欲に関する自己暗示文を通常知覚出来ない周波数帯で再生して肯定的なサジェスチョンを与えることによって学習能力アップも望めます。意識と周辺意識に対して、サジェスチョンによる働きかけを行うことで、天才などにしか見られいない超記憶などの能力が凡人でも発揮されることがわかってきており、各種加速学習法や速読法の基本原理となっています。

脳の複数の領域をダイレクトに刺激する高音質で高品質なサウンドなので、お子様の教育から受験生、ビジネスパーソン、経営者、主婦の方まで幅広くトレーニングすることができますよ。









アクセス数アップにはPINGの重要性について考えたほうがよいと言われています。私自身はワードのパスワードを忘れてしまった場合の対処について、どのように解析したらよいかを四六時中なたんでいる状態です。だから最近生放送はUstream(ユーストリーム)の録画をしておいてあとで見るという感じですかね。後は妻に頼まれたKeyringPDFの解除について調べています。これが出来るようになると電子書籍は全て解除できてしまうかもしれませんね。ちなみにPDFの変換・作成方法についても同様です。

コメントは受け付けていません。